中学英語「難しくなりすぎ」の実態 苦手の子増え、学力差が拡大か[朝日新聞デジタルより]♪

【朝日新聞デジタル 2024年3月18日 18時00分 有料記事】
 2021年度に始まった中学校の新学習指導要領で、英語の内容が格段に難しくなり、生徒に英語嫌いが増え、学力格差も広がっている――。教育現場で、そんな見方が定着しつつあるという。新指導要領で3年間学んだ生徒が卒業を迎えた今、現場の課題を探った。
「Can you cook curry?」(カレーを作れますか)東京都渋谷区の区立笹塚中学校で昨年5月にあった1年生の英語の授業。15人の生徒たちが「can」を使った会話の練習をしていた。「can」は以前は中1の終わりに習っていたが、入学間もない時期に扱うように。高校で習っていた仮定法や現在完了進行形を中学で教えるなど、文法の学習事項が前倒しになっている。長沢理世教諭は英語の新指導要領について「内容が濃く、レベルが以前より上がった」と指摘。「家庭学習も頑張ってもらわないと、授業のみでは限界もある」と話す。

新指導要領で単語数が急増 実質2倍も

 新指導要領で、中学で扱う単…

:
: <以降、朝日新聞デジタルで登録後ご覧下さい>
:
【朝日新聞デジタル 2024年3月18日 18時00分 有料記事

<< 鹿児島市の英会話スクール CGC (Cross Globe Community) >>

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です