早期英語教育「最大の課題」は 子どもが「話せる」ために必要な視点[朝日新聞デジタルより]♪

【朝日新聞デジタル 2024年3月11日 15時00分 有料記事】
 東京都内で子ども向けの英語教室を運営するとともに、2019年にNPO法人早期英語教育研究会(EEYC)を設立しました。保護者向けの英語絵本読みワークショップや、学童での英語アクティビティー、全国の塾や小中学校の英語教師との勉強会などを開催しています。
「日本の英語教育を変えたい」という思いがあります。大学時代の恩師で英語教育学者の故・若林俊輔先生は、「日本の英語教育は、主に教える側に問題がある」とおっしゃっていました。その影響を受け、「教える側の知識と技術を上げ、日本の子どもたちが英語を話せるようになる教え方を確立したい」と取り組んできました。また、自分の教室に限らず、全国の子どもたちが英語を話せるようになってほしいと思い、EEYCの活動を始めました。
日本の早期英語教育の最大の…
:
:<以降、朝日新聞デジタルで登録後ご覧下さい>
:
【朝日新聞デジタル 2024年3月11日 15時00分 有料記事

<< 鹿児島市の英会話スクール CGC (Cross Globe Community) >>

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です