母に強いられ苦しんだ中学受験 30年後に気づく「教育虐待」の影響[朝日新聞デジタルより]♪

【朝日新聞デジタル 2024年1月12日 6時00分 有料記事】
 中部地方に住む40代の会社員の男性は小学校のころ、週6日間、習い事に通っていた。小1でスイミング、小3で習字、小4からは学習塾……。多忙を極めたが、どれ一つとして、自分が望んで始めたものはなかった。全て、専業主婦の母が勧めたものだった。母は男性が小さいころから多くの育児本を読み、食事は無添加にこだわった。いわゆる「教育ママ」だったと思う。
高学年になると、中学受験もすることになった。母が「将来のためだ」と決めた。いつの間にか志望校も決められていた。
男性は友達と遊んだり、好きな漫画を読んだりしていたかった。たまに長時間遊ぶと、「遊びなんて将来何の役にも立たない」と言われた。漫画も、母の認めたものしか読ませてもらえなかった。
受験が近づくにつれ、塾の宿題の量が増え、就寝が毎日午後10時を過ぎるようになった。時には日付が変わるころまで机に向かった。
睡眠不足で、常に眠かった。学校のない日曜日には起きられなかった。
「もうやめたい」と言ったことはあったが、母から「やめてしまったらサボり癖がつく」と言われてやめられなかった。父は仕事で忙しく、ほとんど会えなかった。機会をみて訴えても、返ってきたのは「血を吐くまでやれ」という言葉だった。
母からはよく、「我慢しない…
:
:<以降、朝日新聞デジタルでご覧下さい>
:
【朝日新聞デジタル 2024年1月12日 6時00分 有料記事

<< 鹿児島市の英会話スクール CGC (Cross Globe Community) >>

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です